緊急情報URL

   QR  スマホ 携帯
 

三中学区リンク


 

市役所

 

カウンタ

訪問者数87490

複式指導研修会を開催しました

12月26日(木)の午後に、来年度新設予定の「複式学級」のよりよい指導のあり方を学ぶ校内研修会を、市教育委員会管理課の戸津昌指導主事をお招きし開催しました。戸津先生は、自分が児童として4年間複式学級に在籍するとともに、学級担任として2つの学校で指導経験があるベテランです。この日は、複式指導となる国語科と算数科の授業の基本的な進め方や1つの学級に2つの学年がいることを生かす生徒指導のあり方、2年と3年が分かれて単式で学ぶ際の教科担任制などについてご指導いただきました。
戸津先生は、「下の学年は、上の学年から様々なことを先取りして学ぶことができる。」「上の学年は、学級内の先輩としてリーダーとしての意識が生まれ、生活でも授業でも自立が進む。」「複式学級だから成績が下がる、などということはない。」と語られ、指導者が教材研究をしっかり重ねて丁寧に指導することや、児童が自らを律して学べる環境づくりの大切さを改めて説かれました。
学校では、2月10日に複式学級の指導経験がある教員がに複式による授業を職員に公開し授業づくりについて学ぶ他、他校の複式指導の計画資料を参考に来年度の教育課程を策定するとともに、市教育委員会に依頼し黒板などの教室環境の整備も順次進めます。

 

2学期の終業式を行いました

12月24日(火)に、2学期の終業式を行いました。式に先立ち、児童会で「多読賞」と「アルミ缶集め」の表彰を実施。その後、児童代表3名が、授業や行事で自身が頑張ったことや仲間と取り組んだことで生まれた喜びや自信などを披露しました。校長は、2学期始業式で示した「挑戦」の意義と照らして、「自分を高めるために新しいことに挑戦したことと、日々地道に挑戦を重ねたことが一人一人の成長につながった」ことを取り上げ、引き続き挑戦し続けることの大切さを伝えました。また、家族以外にたくさんの方々からお世話になっていることを理解し、いつでも、自分から声を発する「スマートな挨拶」を身に付けることを呼びかけ、3学期の課題と示しました。児童は、終始慎ましく礼儀正しい態度で臨み、話の内容を自分のこととして真剣に受け止め、自分の今と未来を考えながら聞き入っていました。式の最後は、全員で校歌を歌いあげました。
1月7日(火)が3学期の始業式です。皆様、良いお年をお迎えください。
 

今年3回目の「イングリッシュ・ミーティング」を開催しました!

12月18日(水)の朝に、今年3回目のイングリッシュ・ミーティングを開きました。ALTジュリアのリードで会はスタート。この日は、間近に迫ったクリスマスにちなんで、はじめにクリスマスソングを歌い、その後に縦割り班で活動です。課題は「英語を聞いて、描こう!」。頭(Head)、目(Eyes)、鼻(Nose)などの英単語を聴き、児童一人一人が描き足しながら班で一つの作品を仕上げます。完成すると…、それはサンタさん!各班で、実に様々なサンタさんが完成しました。終了後には、児童から「楽しかった!!」という声も聞かれ、英語に触れつつ仲間と親しく活動する時間となりました。
作品は、2階に上がる階段脇に掲示しています。通知表配付の際にぜひご覧ください。

 

第8回「読み聞かせ会」を開催しました!

12月17日(火)の朝に、今年8回目の読み聞かせ会を開催し、読書サークル「青空カンガルー」の皆さんから、学年ごとにお話をお聞きしました。この日は、目前に迫ったクリスマスに関連した図書を多くご紹介いただき、子どもたちはそれぞれに読みを深めました。
2年生の教室では、敢えて作品を示さずに肉声だけで作品の世界をご紹介いただきました。絵がないことで、子どもたちの想像は様々に広がります。新しい読み聞かせのスタイルに触れ、子どもたちの表情も声も、踊っていました。なお、読み聞かせの最後は、子どもたちがお礼の言葉を述べて締めています。

 

2回目の「教頭講話」です!

12月11日(水)の朝、今年2回目の「教頭講話」がありました。この日は「中村哲さんはどんな人なのか。」をテーマに、凶弾に倒れた中村さんが、医師でありながら井戸を掘り、重機に乗って用水路をひらき、緑を増やして人々の生活基盤を作り上げたアフガニスタンでの業績をもとに、その志の気高さや不屈の闘志、人類愛などを全員の児童が意見を交換しながら学びました。年齢によって児童が語れることは違っていましたが、それぞれがテーマと本気になって向き合い、深く考え、そこにある価値を自身の考え方や生き方と照らすことができました。
 

「高崎を学ぶ会」を開催しました!

12月5日(木)に、関山愛林公益会から理事長の大江義晴さんと会計の小野博さんをお招きし、総合的な学習の時間として「高崎を学ぶ会」を開催しました。この会は、4・5・6年の児童が高崎や炭焼きなどを切り口に高崎地区について学ぶとともに、お世話になった皆様に感謝の思いを伝える会です。児童の質問に答えるスタイルで会は進行し、お二人からは炭焼きに関することはもちろんのこと、高崎の歴史と変遷、そこにある人々の思いなどを直接伺うことができました。児童は、体験を通じてこれまで学んだことの意味をより深く理解するとともに、来年の活動への見通しを持つことができました。また、炭焼き窯を作った際の写真などもお持ちいただきました。今後の学習を進めるうえで、きっと大いに役立つ貴重な資料となります。来年も関山愛林公益会の皆さんにお世話になります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

2回目の「おはなし会」を開催しました!

12月4日(水)に、今年2回目の「おなはし会」を開催しました。7月にお招きした「くれよん」さんを今回もおいでいただき、上学年と下学年に分けて読み聞かせと良書紹介をしていただきました。
新美南吉の『手袋を買いに』や宮沢賢治の『注文の多い料理店』などの名作を、見事な朗読と音楽、そして作品の世界を広げる舞台装置で演出された時空間をたっぷり味わうことができました。また、児童にぜひお薦めしたい本などもたくさん紹介していただき、会が終わってからも、多くの児童が本を取り囲み、興味津々で眺めていました。この日の小さな出会いが、きっといつか本との意味ある大きな出会いとなってくれるはずです。今年度の反省をもとにして、来年度も実施する予定です。

 

「希望の松」も冬支度

11月27日(水)、「希望の松」の冬支度をしました。今年も清野造園さんに来ていただき、半日足らずで見事な雪つりの完成です。
天気予報では、雪だるまのマークを度々見かけるようになりました。この冬も、枝折れなどがないよう見守っていきます。

 

お知らせ

11月20日(水)全校朝会で「いじめ」について校長先生よりお話がありました。「いじめをしようと思ってしたことはいじめですか」「いじめをしようと思っていなくてもいじめになりますか」の質問に、前者は間違いなく「いじめです」といえる子供が多くいましたが、後者は「?」と下学年に悩む子供もいました。上学年になるにつれ、いじめと認識する子どもは多くみられました。相手を嫌な気持ちにさせてしまう行為は、いじめにあたることを伝えました。校長先生は、いじめが起きた時の先生の対応やいじめのない思いやりのある学校を作っていきたいということをお子供たちにお話しました

 

「さくらんぼ環境ISO実践交流会」に参加しました!

11月21日(木)の午後に、児童会ISOグリーン委員会の皆さんが、市教育委員会が主催する「さくらんぼ環境ISO実践交流会」に参加しました。「さくらんぼ環境ISO」の取り組みは、各学校が自ら定めた環境方針と行動目標に基づき、児童生徒・教職員の環境意識を高めながら、地球にやさしい学校づくりをめざすものです。
会の冒頭に、元木教育校より認定証の交付を受け、その後に山形県環境アドバイザーである大岩敏夫さんのお話を聞きました。水、電気を大切に利用することはもちろんのこと、身の回りにあるものの再利用や再生産などの仕組み、地球に起きている自然の変化などを学び、一人一人がなすべきことを再発見することができました。
来年は、他の2校とともに、本校が実践発表を担うことになっています。今年の実践を評価したうえで見直し、本校にマッチする取り組みを探っていきます。

 

「オープンスクール」を開催しました!

11月16日(土)に、今年度の「オープンスクール」を開催しました。保護者・ご家族の皆さんにはお子様の学習の様子をご覧いただくとともに、新年度に特認校制度を利用してお子様のご入学をご検討されている皆様にはこの制度の概要を直接ご説明し、学校生活の実際についてより深く理解していただくことがねらいでした。3・5校時は、学年ごとの通常の授業を、4校時には児童会が中心となって運営する縦割り班活動をご覧いただきました。また放課後には、「アフタースクール(放課後子供教室)」の様子もご参観いただきました。
午前午後と2回実施した特認校説明会には、保護者・ご家族の皆さんをはじめ、市議会議員の皆様、地区の皆様などたくさんの方々においでいただきました。お寒い中、ご来校いただきました全ての皆様に、深く感謝申し上げます。

 

ペットボトルランタンづくり

11月14日(木)4年生の子供たちは、山形サンケンさんの環境学習の後、ペットボトルランタンづくりにチャレンジしました。感想発表の時には「お兄ちゃんと同じ物が作れてうれしい」「まなびあテラスに飾られると思うと見に行きたい」「環境のことを学んでよかった」という声がありました。
 

5年生が東郷小学校と「交流学習」を行いました!

11月14日(木)の2・3校時に、本校体育館を会場にして、東郷小との「交流学習」を実施しました。自己紹介の後には、「じゃんけん爆弾」や「ドッジボール」・「ハンドベースボール」などで体全体を使って活動し、最後は双方の児童による感想発表で幕を閉じました。この活動を通じて両校の児童が一層仲良くなるとともに、相手との距離感を踏まえた適切な言語表現など、人と関わる基本的な社会スキルを学ぶことができました。
 

今年6回目の「読み聞かせ会」です!

11月12日(火)の朝、今年6回目の「読み聞かせ会」を行いました。この日は、本校の読み聞かせボランティア「青空カンガルー」さんから6名の皆さんにおいでいただき学級毎に読み聞かせ。低学年には『ライオンとねずみ』、高学年には『ペンギンかぞくとおそろしい山』など、子供の瞳を輝かせる良書をたくさんご紹介いただきました。
読書は、情緒と知的活動の基盤となる力を育てます。学校では、今月1か月間を「読書まつり」と位置づけ、「おすすめ本の紹介」や職員による「読み聞かせ」、児童図書委員による「読書クイズ・まちがいさがし」、「しおり作りコーナー」など、児童が本と親しめる機会をたくさん用意しています。また、12月4日(水)には、おはなし会「くれよん」さんを天童からお招きしています。今年2回目です。

 

東根市内小学校「合同音楽会」に参加しました!

11月7日(木)の午後、さくらんぼタントクルセンターで開催された「令和元年度東根市内小学校合同音楽会」に、3・4年生29名が参加しました。10月26日(土)に「どんぐり発表会」でお聞きいただいた『いつだって』と『フレンドシップ』の2曲をステージ上で堂々と披露。細谷教諭の指揮と清野さん・江刺教諭の伴奏に合わせ、一人一人が大きく口を開いて伸び伸びと歌い上げ、会場から大きな拍手を受けました。
この日をめざし、3・4年生は音楽の時間に一緒に取り組むとともに、朝の時間も合同で練習を重ねました。伴奏者は休みの日も練習を重ねました。 数日前からは、本番の会場を意識し、緊張感のある練習にも取り組みました。これらにより、仲間と一緒に根気強く取り組むこと、心と行動を一つにすることの難しさと大切さなどたくさんのことを学びました。<補:会場での写真撮影が叶わず、子供たちの姿をご紹介できず残念です。>
会場までお越しいただいた保護者の皆様、温かく見守りいただき誠にありがとうございました。
 

「イングリッシュ・ミーティング」&「1・2年外国語活動」を紹介!

11月6日(水)の朝に、ALTの指導で「イングリッシュ・ミーティング」を行い、学年ごとにジェスチャーによる伝言ゲームに取り組みました。列の先頭の児童からスタートし、最後の児童がALTに報告してゴールです。
また、1・2年生は、2校時に「外国語活動」として、英語でのあいさつに取り組みました。はじめは恥ずかしそうにしていた子供たちも、輪になって自分の名前を英語に乗せて表現するうちに、声の大きさもしっかりしてきました。
 

防犯教室開催

10月31日(木)防犯教室を行いました。前半は不審者が侵入したという設定での訓練をし、後半は下校途中など知らない人にあった時の対応の仕方を学びました。見かけでは判断できなこと、十分な距離を保つこと、大きな声を出すことなどを教えてもらいました。
 

読書祭りが始まりました

図書委員会が主催の読書祭りがスタートしました。子供の紙芝居、先生方の読み聞かせなど、たくさんの催しを、準備しています。どれもたくさんの本に親しむことができるよう工夫がいいっぱいです。本を手にして、たくさんの本と友達になりましょう。
 

どんぐり発表会

10月26日(土)どんぐり発表会(学習発表会)が行われました。1年生は音読劇「くじらぐも」、2年生は音楽発表「世界へレッツゴー」、3・4年生は合唱「いつだって」「フレンドシップ」合奏「エーデルワイス」、5年生は劇「おじいさんの時計~ありがとう共和国とこのやろう王国の物語~」、6年生は「タピオカ ツンドラ」の発表がありました。国語や音楽、社会で学習したことをストーリーにまとめ、自分の役割を演じながら、クラス全員で作り上げた発表会になりました。保護者ののみならず、地域の方もたくさん見に来られ、高崎地区民の皆さんに見守られている子供たちであることを実感しました。
 

グリーン活動(パンジー植栽)を行いました!

10月23日(水)ISO委員会が中心となって、グリーン活動が行われました。縦割り班で一人一人が役割を持ち作業に取り掛かり、60株のパンジーを植えました。自分たちが植えた苗を、これから世話をしていきます。
 

「球根の植え付け活動」を行いました!

10月21日(月)の午前に、農村環境保全指導員の清野安子さんのご指導で、球根の植栽を行いました。長く続いている事業で、今年はグランド東側にスイセンを一列に、プランターにはチューリップの球根を、さくら学級4名の児童が植えました。来春には、きっと見事な花を咲かせ、高崎小学校に関係する皆さんはもちろんのこと、国道48号を通るドライバーの目を楽しませてくれるでしょう。
 

5年生が「稲作り学習(稲刈り)」に取り組みました!

10月20日(日)の午後、すばらしい秋晴れの下で、5年生が「稲作り学習(稲刈り)」に取り組みました。春に田植えした学校近くの田んぼでは、稲穂が頭を垂れています。この日は、子供育成会の皆さんと田んぼの先生である吉野さんのご指導で、保護者の皆さんと一緒に活動しました。初めて鎌を持つ児童もいて、初めは慎重に作業にあたっていましたが、その後は「ザクッ、ザクッ」という小気味のよい音に変わりました。でも、刈り取った稲を束ねる作業には苦戦し、説明を聴いたり、やり直しをしたりしながらの作業となりました。来月には、収穫祭を予定しています。
 

6年生が東根三中で東郷小との交流学習を実施しました!

10月18日(金)の午前に、東根三中で6年生が東郷小学校と「交流学習」を実施しました。この日は、東根三中の高橋先生と佐々木先生による英語の授業です。自己紹介の後には、3~4人のグループで数字、色、スポーツ、動物、飲み物、コンビニにあるものなどについて、英語で順に答えるゲームに挑戦。初めのうちは表情にかたさも見られましたが、徐々に笑顔が広がり仲良く、そして楽しく活動することができました。最後は、本校片桐さんの掛け声で、全員でお礼を述べて学習を終えました。
 

1・2年生が東郷小学校との交流学習を実施しました!

10月17日(木)午前に、本校の1・2年生と東郷小学校の1・2年生が、東郷小学校を会場に「交流学習」を実施しました。まずは体育館に全員が集合し始めの挨拶。その後、ボールを使ったゲームを楽しみ、中間休みも一緒に過ごし、最後は一人一人が作成した名刺の交換です。普段の生活と異なり、大勢の皆さんと一緒の活動でしたが、子供たちは物怖じせずに、堂々とした態度で楽しく参加しました。
 

ICTを活用した授業研究会を開催!

10月15日(火)に、北村山視聴覚教育センターの委嘱研究の一環として、本校の門脇教諭がICTを活用した授業づくりに取り組み、委嘱研究員の皆さんと本校の職員が合同で研修しました。
この日の授業は、2年生の算数「三角形と四角形」です。児童は、タブレットのkeynoteという機能を使い、示された幾つかの図形を一人一人指で移動しながら図形の見分け方を考え、理由をもとに整理しました。参加者による事後研究会では、低学年におけるICT機器の利活用ポイントや本時・本単元で身に付けさせたい算数科の資質・能力等について協議しました。
カメラや演示機能などは、総合的な学習の時間などで活用が進んでいます。今後は、他の教科・領域における積極的活用と、学習のねらいに迫る効果的な利用について更に深めます。

 

松苗プロジェクトに参加しました

10月1日(火) 東根市と交流のある東松島市に、本校4年生と東郷小学校4・5年生とで、松苗プロジェクトに参加してきました。東松島市に到着後、キボッチャというところで、防災体験を行い、移動後、東根市の児童が育てた松苗の整備を行いました。
 

手作り案山子でスズメ撃退!(5年社会)

10月10日(木)午前に、5年生が社会科と学年行事で取り組んでいる「稲作り学習」の一環として、手作りの案山子を田んぼに据え付けました。案山子の名前は「レベッカちゃん」。見事なまでの秋晴れの下、レベッカちゃんも教室にいる時よりも楽しそうにしています。台風に負けるな!
なお、10月20日(日)の午後に稲刈りを予定しています。

 

校内マラソン記録会を開催しました

10月9日(水)の3校時に、校内マラソン記録会を開催しました。5月は雨天により学年ごとの記録会でしたが、この日は見事な晴天のもとで、児童全員が定められた距離に挑みました。フリー参観ウィーク中ということもあり、大勢の保護者の皆様に見守られての力走です。高崎児童センターのみなさんも応援に来てくださり、「ガンバレー」の声援をたくさんいただきました。
児童会健康委員の皆さんが開会式と閉会式を運営するとともに、競技のために用具の準備にも当たりました。閉会式では、各学年1位の児童の名前が呼ばれ、頑張りを称える盛大な拍手を受けました。講評で校長は、「4か月前と比べて記録が向上したことも嬉しいが、“辛くても粘り強く走れた”と自己評価する人がたくさんいることがとても嬉しい」と述べ、自分に負けまいとする心の大切さを説きました。

 

「R48しあわせ街道学びの森野外活動」に参加しました!

10月5日(土)午前、高崎子供会の4・5・6年生が、「R48しあわせ街道学びの森」に参加し、ブナ苗の植樹などで地域の皆さんと交流しました。この日は、東根三中の2年生が学年行事として参加し、関係者を含めると150名余りの参加者です。スコップや鍬を手に、合計30本の苗を、大人の手を借りながら作業を終えました。チェーンソーアートでは、原木から熊が生まれ出る制作の様子に見入りました。
子供会保護者の皆さんによる芋煮もふるまわれ、おいしくいただき、最後は6年渡辺龍河君の感想発表で全ての活動を終えました。
 

里山キッズドリームランド祭りを開催!

10月4日(金)の午前、全校児童と地域の皆さんをお招きし、「里山キッズドリームランド祭り」を開催しました。この会は、炭焼きやアフタースクールの活動、登校時の見守り活動など、日ごろお世話におなっている地域の皆さんに感謝の思いをお伝えするために、毎年この時期に開催しています。焼きそば、サンマの炭焼きや豚汁などを、地域の皆さんのお力を借りながら児童が調理し、会場にお越しの皆様にご提供し、味わっていただきました。炭を求めておいでになった男性は「毎年楽しみにしてるんだ。炭の品質がいいので、今度バーベキューの時に使うつもりです。」と語ってくださいました。雨がちらついたり青空が見えたりと変化が目まぐるしい空模様でしたが、お越しいただいた大勢の皆さんと児童との温かい会話と笑顔いっぱいの会となりました。関山愛林公益会の皆様、市農林課の皆様、そして学校を支えてくださる多くの皆様に心より感謝申し上げます。
 

3年歯科指導と全校歯科検診を行いました

10月3日(木)午前に、3年歯科指導と今年2回目の歯科検診を行いました。歯科校医の二藤部先生は、虫歯になりやすい場所や歯磨きのポイントを優しく解説した後、児童の歯磨きの様子を錠剤のカラーテスターで確認。一人一人にあった磨き方を丁寧にご指導くださいました。二藤部先生は「歯磨きを丁寧にしている人が多いようで、虫歯の数は決して多くはありません。このあとも、毎日の歯磨きを丁寧に行ってください。歯ブラシを軽く持ち、細かく動かすことで虫歯の発生はおさえられます。」と教えてくださいました。
 

外国語の授業研究会を開催しました

9月30日(月)、村山教育事務所が主催する「外国語教育指導力向上研修会」が本校で開催され、6年担任の植松教諭が外国語科の授業を提供し、他校から参加された4名の研修者とともに、本校の職員も一緒に学びました。授業には、ALTのジュリア先生も加わり、ネームタグを使った簡単な挨拶から、教科書やカードを使い、ゲーム感覚で英語に親しみ学ぶ授業を展開。<We have~.><Which~?><Do you have~?><Yes,we do.><No,we don´t.>などの基本文型と単語を学びました。その後、授業充実を図る工夫等について全員で協議するとともに、森本主任指導主事から「指導する教師が、児童と英語でやりとりしながら、学びを深める授業づくり」等についてご指導いただきました。
 

2年生が校外学習に出かけました

9月27日(金)に、2年生が校外学習で、学校近くの「田村畜産」さんを訪ねました。生活科の授業の一環で、「町で働く人々や、その仕事に関心を持ち理解を深める」ことがねらいです。24日(火)には、隣の「高崎児童センター」を訪ねています。
この日は、牛舎を見学し、牛に餌をやったあとに、予め用意した質問に答えていただきました。小学校の児童数の3倍以上の牛がいることや、牛を世話するために休日も交代で勤務していることなど、たくさんの「初めて」に出会いました。帰校後すぐに学びを学習シートに整理し、早速廊下に掲示しました。
田村畜産のみなさな、そして高崎児童センターの皆様、ご協力いただきありがとうございました。

 

市自由研究発表会に参加しました

9月25日(水)午後に、さくらんぼタントクルセンターで、東根市小学校自由研究発表会が開催され、本校の児童8名が夏休みに取り組んだ研究の成果を発表しました。研究内容は大判用紙にまとめられ、参加者、保護者の皆さん、学校関係者に言葉で堂々と説明し、質問にも応じました。それぞれの研究の良さについては、指導の先生からもコメントをいただきました。発表者は、以下の通りです。
 3年:髙橋歩夢さん(社:じょう文の女神について)、武田煌成さん(理:家にある調味料はこおるのだろうか?)
 4年:清野ひなたさん(社:菊の出荷までの道のり)、東海林いろはさん(理:食品のビタミンC調べ)
 5年:岡田晴さん(社:世界の飲料水について)、今野あかりさん(理:スケルトンたまごを作ろう)
 6年:大江羚央さん(社:48号線の交通量)、渡辺龍河さん(理:麺は本当に伸びるのか)

 

地層見学

9月19日(木)朝日町に6年生が地層見学に行ってきました。何層にも重なる地層を見ての驚き、地層を削って化石掘りに挑戦。最後には化石をもらってきてにっこり。楽しい体験活動の中に、地層学習をしっかりすることができた一日でした。



 

国際交流推進事業

国際交流推進事業 PART2
9月20日に国際交流事業の第2回目、ホームメイドクラブで、ドイツのお菓子を作りました。グリースブライというものを作りました。セモリナ粥ともいわれるもので、セモリナ小麦粉を原料としたおやつです。とっても簡単にできるのに、プリンのようなムースのような食べ物でした。ドイツではよく食べられているものだそうです。
他にも、ドイツの食事のことなども教えてもらいました。ALTのジュリア先生も参加し、ドイツ語に英語に、日本語に国際色豊かなクラブ活動でした。
 

教頭講話を聴きました

9月18日(水)の全校朝会で、教頭講話を聴きました。演題は「はなまるさがし」です。児童の日常生活にあるたくさんの素敵な言動を紹介し、その意味を説き、価値を再確認しましました。運動会での各組頭の頑張りや、6年生が下級生に優しく丁寧に教え導く姿など、学校にあるたくさんの素晴らしい行為を再発見、再認識することができました。
一方、相手の思いを想像しない軽率な言動や「いじめ」と受け止められるような思慮のない言動については厳しく戒め、みんなが気持ちよく生活できる高崎小学校にしていくことを、皆で決意しました。
 

東根市民歌をご指導いただきました!

9月11日(水)の午後、指揮指導の矢萩健藏先生、伴奏の須藤円先生をお招きし、3・4年生が参加して東根市民歌の練習会を開催しました。この市民歌は、11月7日(水)の市合同音楽会で、市内の全ての3・4年生が集い合唱します。矢萩先生は、「笑顔で、楽しく」歌えるように、美しい声の出し方やその心持ちを、丁寧にご指導くださいました。須藤さんが演奏する美しいピアノの音色にも魅せられながらの1時間。合唱がめざす美しさは、「声の大きさ」だけでないことを確認する貴重な機会となりました。ありがとうございました。
 

人権の花運動

9月2日(月)に、人権擁護委員の佐藤さんと須藤さん、市役所庶務課の武田さんをお招きし、3・4年生が参加して「人権の花運動(人権講話と花苗植栽)」を行いました。講話では、思いやりを持ちながら生活し、互いの「命」を尊重することや笑顔や友情について学びました。その後、一人一人がプランターに苗を植え、グランド脇に飾りました。土曜日の運動会では、たくさんのお客様の目を楽しませてくれるはずです。ちなみに、この日植えた苗は日日草とペンタス。日日草の花言葉は「楽しい思い出、友情」、ペンタスは「希望が叶う」です。
明日からは水かけが始まります。「命」を守り育てる意味を、体験を通して学びます。
 

運動会各部の仕事

8月29日 各部の活動を紹介します。実行委員は、スローガンの制作や障害物競走の内容を決めています。デザイン部は、応援グッズや看板の制作をしています。自分の仕事に責任をもって活動しています。

 

運動会顔合わせ会

8月28日(水) 今日、運動会顔合わせ会があり、運動会に向けて応援練習が始まりました。スローガン「令和初の優勝目指して全力疾走」を掲げ、子供たちそれぞれの目標達成に向けて頑張ります。少ない人数でも、精一杯声を出しています。運動会は、9月7日(土)(雨天時実行)です。
 

8月26日(火)青空カンガルー読み聞かせ

8月27日(火)今日は、青空カンガルーさんより読み聞かせが行われました。2学期始まって最初の回ということもあり、子どもたちが楽しみにしている様子も見られました。
今日は、1・2年生「庄内地方に伝わっている昔ばなし『猫絵十兵衛』」「りゆうがあります」、3年生「かわいそうな ぞう」、4年生「いえのなかのかみさま」、5年生「夜の神社の森の中」、6年生「the rolling rice ball」です。
青空カンガルーの皆様ありがとうございました。

 

pta早朝作業

8月25日(日)早朝から保護者の皆様と児童、職員で校内清掃の早朝作業を行いました。廊下の黒ずみや家庭科室のガスコンロ周辺をきれいにしてもらいました。朝早くからの作業にたくさんの方からご協力をいただき、皆様に感謝いたします。

 

国際理解推進事業

8月23日(金) パソコンクラブでは、東根市役所に勤務するベロニカさんをお呼びして、ドイツの国について学習しました。ドイツの人口や面積、有名なものなど、映像や地図を使ってお話をいただきました。その後は、子供たち一人一人が興味をもったことを調べまとめました。


 

学級開き・自由研究発表会

2学期が始まり、学級開きや自由研究発表会が開かれています。学級開きでは、目標や係を決めています。自由研究発表会では、子どもたちの視点で考えられた、なるほどといった研究内容を発表しています。


 

2学期始業式

2学期がスタートしました。学校に子供たちの明るく元気な声が響きます。始業式では、校長先生より、「挑戦すること」の大切さ、成功・失敗のわけを考えて、自分を振り返ってみることで、学びが深まることを話いただきました。
実りの2学期とも言われます。子供たちはどんな実をつけてくれるのでしょう。それぞれの成長が楽しみです。